私の本棚にあるモノたち

Nothing in the universe is boring if you tell a good story.

東方フィルハーモニー交響楽団 (2015 - )

(最終更新2019.5.20)

なにこれ

東方フィルハーモニー交響楽団9 星[東方Project]

東方フィルハーモニー交響楽団9 星[東方Project]

(Amazonで出品されているのは正規品ではありません。貼っておいてなんですが、詳しくは公式サイトを確認のこと。買うならAmazonからではなくメロンブックスとかから買って下さい)

交響アクティブNeetsという同人サークルの出している東方オーケストラアレンジCDのシリーズ。全曲インストゥルメンタル。現在も活動中なので、あたらしいCDが今後出る可能性はあります。


これから聴く人へ

公式でいいPVがあるのでそれを紹介します。こんな感じです。


【東方】生演奏オーケストラによる『少女綺想曲』【交響アクティブNEETs】

あとは自作自演でFAQをやりますか。

何も知らないんですが、アニメかゲームの曲ですか?

まずですね、上海アリス幻樂団という同人サークルがあるのです。そのサークルが作った PC 向け弾幕シューティングゲームのシリーズで、東方Projectというのがあるのです。その東方 Project の曲は打ち込みで作られているのですが、これをオーケストラアレンジして実際に演奏し、それを録音したCDを俺たちで作ろう!と考えたひとたちがいてですね。それが交響アクティブNeetsというサークルなのです。その結果できあがったCDがこの「東方フィルハーモニー交響楽団」というシリーズです。

どういう人向けですか?

東方Project の音楽が好きだけど、どうして公式サントラが出てないんだよ~っていうひとにはドンピシャなはずです。(つまり私のためのCDということです。ヤッター!)

上海アリスをいままで全然知らなかった人にもオススメです。というか全人類にオススメ。原曲と違って音質がいいですから。任意の人類は東方フィルを聴くべき。


このアルバムに出会ったきっかけ

あんまりよく覚えていません。Youtubeのオススメ欄に出てきて、聴いてみたらハマった・・・のかな?

私が上海アリスを好きになってから東方フィルに出会うまでは6年くらい間隔がありましたが、「もっと早く知りたかった」って強く思いました。あんまり二次創作を積極的に調べなかったのが悔やまれます。


関連するモノ

上海アリス幻楽団が公式で出している音楽集として、Zun's Music Collection というのがあります。通称、秘封倶楽部。上海アリスの曲が好きなひとにはこちらもオススメ。まあオススメするまでもないかもしれませんが。


好きなところ

とにかく音が良い

東方の曲は、曲そのものはよくできていても原曲の音質が結構悪くて人に薦めづらかったし、長時間聴いているとちょっとうるさく感じたものでした。しかしこのCDではオーケストラ演奏を録音するという実に理想的な手法がとられたことにより、その欠点が解消しています。素晴らしいです。

オーケストレーションが格好良い

アレンジもさることながら、オーケストラでの楽器の割り振り方もとても良かったと思います。東方の曲は同じメロディーを音色や重ねるメロディーを変えつつ繰り返していくという展開が頻繁に現れるため、安易にピアノアレンジなどをすると退屈になってしまいがちなのですが、アクティブNeetsの演奏は音色のバリエーションが豊かで、一瞬たりとも退屈しませんでした。見事。

東方オーケストラアレンジアルバムとしての完成度の高さ

東方曲を実際に演奏して録音しているサークルは結構あるんですが、交響アクティブNeetsのように

  1. 2次創作曲の演奏はしない

  2. 自前のオーケストラを擁する

  3. ある程度網羅的に演奏を行う

  4. 難曲を演奏する技術を持つ

ものはちょっと珍しいです。私の知る限りでは交響アクティブNeetsくらいしかいません。


批判点

緑眼のジェラシー」であんなに印象的だったピアノのメロディーをカットしたことと、「天空の花の都」がラインナップにないことがショックでした。まあ制作者という神には逆らえませんが。


このアルバムの次は

思いついたら書きます。


感想とかコメント

歌じゃないから需要なんてないのかと

私の趣味として、歌はあんまり好きじゃないのです。繰り返し聴いていると顕著に飽きてくるので。理由は不明ですが、長年の観察によりこれは事実であることが判っています。私がボーカロイドではなく上海アリスにハマったのもそのせいでしょうか。

こういう人間は結構少数派らしく、中学生時代「歌詞のない曲なんて何が面白いのかわからない」というようなことを言われてショックを受けた覚えがあります。上海アリス界隈でも、ボーカルアレンジの方がインストより明らかに盛り上がってますし、一般的にそういうひとが多いのでしょうね。

だから、上海アリスのオーケストラアレンジなんてないだろうなあと思っていました。それだけに東方フィルを見つけたときは「東方の曲をオーケストラで聴きたいというひとは僕以外にもいたんだ!」ととても嬉しかったです。

この時代に日本に生まれて不運だったなと言われたら

私はそうは思いませんって、何度でもそう言い返せます。交響アクティブNeets と、そしてZUNがいてくれさえすれば。

・・・・・・オタクなら共感してもらえると思ったんですが、どうでしょうか。自分がもし推しに出会ってなかったらなんて、想像もしたくないですよね。